米国では、室内にランドリーはないのが一般的!

さて、今日は、皆さまの生活の一部でもある「ランドリー」について少しお話ししたいと思います。
いい天気だと、お洗濯も気持ちいいもの、というのは日本人だけ(?)の感覚。アメリカでは、洗濯ものを干す習慣がありません。

そして、不動産法律的な目からでいうと景観が損なわれる、というのが第一の理由です。
ちょっと信じられない感覚ですね。
 

では、どこに(どのように)干すのか?というのが問題なのですが、ほとんどの人が乾燥機を使用します。日本では、洗濯物は言わずと天日干し。米国では、各自治体によって、法律も若干異なるようですが高級住宅街に行けば行くほど、外干し禁止を訴る人もいるほどです。

 


 

とここで、ニューヨークのランドリーに関する常識をご紹介致します。

近年の新築物件を除くやや古いタイプの建物には、一般的に、こちらの住宅には洗濯機がついておりません。そのかわり、冷蔵庫・冷凍庫・電子レンジ具備は大体どの物件でもついています。
 

しかし、ランドリーはというと・・・
日本とは異なった配管(プラミング:Plumbing)構造上、ランドリーを室内に取り付けることができない建物が多く、建物の管理組合などの規制により許可されていなかったり、ともなると家主は組合に設置許可申請や保険の申請をしなければならず、家主にとってはそれはコストやリスクがかかてしまいます。

ランドリーを室内に設置することで、結果的にValueだけでなく保険・税金・メンテナンスコストが上がり、家主にとっては頭が痛い問題であることは事実なので、室内設置を嫌がるオーナーが殆どです。建物によっては、地下にランドリーがついており、住人または住人の雇うメイドや清掃員のみ使用することができます。

【ひとこと】もし、皆様がいずれマンハッタンで物件を購入される際には、まずこういった点から検討の必要がありますが、ランドリーが無いからといって貸しにくいわけではありません。各フロアにランドリーがある物件も多く存在します。 


郊外の戸建ては、大抵、家の地下などに洗濯機を設置しております。因みに我が家はコンドミニアムなので、室内にランドリーを設置、近日買い替えたばかりなのですが、持ちのいいパワフルなGEが圧倒的にお勧めです。(LG製品はお客様から家主へのクレームが多発しており個人的にお勧め致しません。。。)また、GEはカスタマーサービスがExcellentです。


ランドリーがビル内にないとなると、近所のLandromatへ行く必要があります。これが、結構しんどい。。私も学生時代はコインランドリーでやっていました。雨が降っても雪が降っても、重い荷物をもってランドリー通いは避けたいもの。

Credit cardもしくは最近はとんとみない、Quarterコインでガチャン形式もまだまだ存在します。笑


ランドリーが無い生活なんて、私は信じられない!というあなた。
ご安心下さい。ランドリーがある物件をお探し致しますので、弊社にお任せ!

まずは、こちらからお問い合わせ下さい。 



+++++++++(余談)+++++++++

★私のおすすめ洗濯洗剤は、こちら。お肌にやさしい特集。主婦におすすめ!!

laundry

 

こちらは、大人気Trader Joe'sブランドです 

tj laundry

重曹入りも



★柔軟剤のおすすめは、こちら


駐在員の奥様にも大人気のWhole foodsでお求めくださいませ! 


香りふんわり💛 
ENJOY LAUNDRY! 



++++++++++++++++++++